結ブログ~むすぶろぐ~これも何かのご縁ニャンです

2008年より浪速 高津宮にて定期的に開催している婚活イベント『縁結びパーティ』を主催。年間のべ500人以上の独身男女との関わりの中から見えてくる現代の結婚事情から人間関係、はたまた日常の小さな幸せまで独自の感受性で気まぐれに綴ります。

近くにあって、いい湯だな~

お正月早々、給湯器が漏電して使えなくなりました。修理を頼むも正月休みですぐ対応して貰えなく、諦めるしかない。台所は冷たい水で何とか我慢できても、お風呂だけはお湯が出ないと話しにならないですよね! 仕方ないので主人と外風呂へ行ってみました。車で10分位で温泉に行けるので、いざというときは本当に助かります。1日目は美波町日和佐の『薬王寺温泉』。厄除けのお寺で、四国八十八カ所の札所でもあるのですが、お正月の間は全国から人が集まって来ます。そのお寺と隣り合わせにある温泉ですが、夜遅めだった為かそれ程混雑してなかったです。
2日目は那賀町にある『もみじ川温泉』に初めて行ってみました。めちゃくちゃ新しくきれいでびっくりしました。しかも女風呂は私一人で、遠慮なく優雅なバスタイムとなりました。
館内にある食堂も美味しくて納得の値段!!
レディースセット(有頭エビフライ、ローストビーフ、お刺身、サラダ、酢のもの、ごはん、味噌汁、フルーツなど)に大満足となりました。
長野や大阪など県外ナンバーの車も多く、お正月休みに宿泊のお客さんが集まっている事に気づきました。
考えてみれば、田舎暮らしに不便を感じる事はアレコレあるけど、こんな近くに旅行気分を味わえる場所があるなんて贅沢やね。給湯器の故障により、気づいたありがたさでした。f:id:enmusubi1158:20190106192455j:plain

年賀状は幸せの報告

お正月の楽しみの一つに年賀状があります。年末の忙しい時なので自分が書くのは大層に思うけど、貰う時は嬉しいものですよね! 毎年やり取りする友人知人からひと言添えてあるコメントがまた楽しみです。今月53歳になる私くらいにもなると、「娘が今年成人式です」とか「次女が去年結婚したよ」とか「もうすぐ孫ができます!」とかそんな幸せの報告が増えてきました。私も若くして結婚と出産をしていたら人並みにそんな立場になっている年齢なんやなぁと改めて気付かされます。なんせ私が結婚したのは45歳ですから、人並みの幸せは望めなかった訳です。
そんな年賀状と一緒に頂くのが『高津宮縁結びパーティー』で出会ってご夫婦になった二人から子供の写真付きの葉書。一年一年子供が成長していってる姿を見ると本当に嬉しい、続けてきて良かったと一番の励みになりありがたいです。
ちなみに我が家の今年の年賀状は、ご縁ニャンコ(おじゃこ・かっちょ・みゃー)の写真付きでした!f:id:enmusubi1158:20190103225123j:plain

ご来光とともに、新たなご縁を願いました

2019年が静かに始まりました。あけましておめでとうございます。さて、どんな一年になるんでしょうね! 平成最後ってキーワードが乱発されていますが、そんなにスペシャルに感じてないのも私だけやないように思います。年号が変わるのは大きな事やけど、生活者にとってはもっと目の前の方が大事っていうか…。独身の人達は今年こそ運命の出逢いがありますようにって素直に願うよね! 私も独身の時、新年には必ず一番に思ってました。一瞬の出逢いが永遠になるなんて、後から気づくものなのになぁと今は思います。
ちょっと強引やけど、一瞬の輝きが永遠となる今年の初日の出を仰ぎながら、一組でも多くの縁結びができるようにお祈りしてきました。
今年もよろしくお願いします!f:id:enmusubi1158:20190102200620j:plain

自宅近くの大浜海岸からのご来光です!

新しい出会いは自分でつかむ!

そろそろ年賀状を書き始めやな。と思いつつようやく重い腰を上げて、カメラのキタムラに行ってみた。年々ハガキの枚数は減ったとは感じるものの、可愛い愛しの愛猫たちの写真を選ぶ事の楽しさ(^o^) 会う機会の少ない旧友たちはきっと喜んでくれるだろうと今からニヤけています。
年賀状は出さないまでも、振り返ってみると今年出会って友達になった人がすごく多い1年だったと思います。それだけ楽しく充実したお付き合いが始まったって実感します。勇気を出して新しい環境に自分を置いてみると、結果的に自分の人生を豊かにしてくれると信じて進むしかない! 人間関係を悩まずに、いろんなタイプ、いろんな年齢、いろんな立場の人と話すだけでも勉強になりますよね。f:id:enmusubi1158:20181223224717j:plain
 

ええ格好の大切さ

先週の日曜日、年内最後の高津宮縁結びパーティーを開催しました。12月に入ると急に焦るのか、応募数が男女共に多く、4時間に渡るクリスマスイベントは和気あいあいと楽しく温かな空気に包まれていました。56名の男女が参加して10組のカップルが誕生しました! うちのパーティーカップル成立数が多いのも長所だと思います。
話すだけでは見えてこない、その人の本質が伝わるように、季節の神社遊びを取り入れています。馬鹿げたような、子供じみたようなコトに本気で参加して、恥をかいたり冷や汗が出たりしていく中で、邪魔な仮面が少しずつ少しずつ外れていくように思うからです! 
恋人や結婚相手を探しに来ているのなら、ええかっこばかりが受けるのではないという事実にも気付い欲しいなぁと思います。特に男性のええ格好は、その後の二人きりのデートの時に高級レストランでご馳走するとか、プレゼント張り込むとか、肝心なところで発揮して頂きたいね! 女性の方はええ格好をすっと受け止めてくださいよ!
カップル成立した10組の皆さんは、平成最後のクリスマスイブ、f:id:enmusubi1158:20181210225435j:plainどんな風にご縁を温めるのでしょうか💖

いつもいつも最後のチャンス!

f:id:enmusubi1158:20181125222008j:plain今の家に引っ越して来てもうすぐ2年になります。同じ徳島県内でも、今の方がかなり住み心地が良く楽しく人付き合いもさせて貰っています。移住してすぐ就職した職場の先輩の紹介で、地元の阿波踊りの連に入れて貰った事がまったく知らない土地で友達が増えて楽しく生活できている大切なご縁やと思います! 51歳を過ぎてから始めた阿波踊りの女踊りはかなり無理があり、20~30歳台の女子達の仲間として踊り続けれるのも後何回かなぁと思いつつ毎回精一杯楽しみ、精一杯頑張っています。先日も20周年の記念講演にも出演させて貰えたのですが、私レベルではこれで最後にせな迷惑やと感じています。
私が主催している婚活イベントやパーティーでも、今回駄目でも次回また参加したらええわ! と思いながら時間をやり過ごしている人は何回参加しても良い結果には繋がらないですね…。二度と巡り合わない人かも知れない人やその場面を大切に思えない人は、これが最後のチャンスと常に思うべきですね。f:id:enmusubi1158:20181125221950j:plainいつまでたってもホンモノのご縁に気づけないし人生を豊かにはできないんじゃないかなあ。

人も猫もご縁が始まり!

f:id:enmusubi1158:20181021203130j:plain

ブログのテーマになっている、うちのご縁ニャンコとの出会いの話を今日は書こうと思います。私達夫婦には子供がおらず、ご縁のある猫を我が子のように大切に、そして伸び伸びと育ててきました。
初めて育てた子は、おじゃるという雌猫でした。駐車場で運転席のドアを開けたら、ひょかっと飛び乗って来たので「これも何かのご縁かなあ」と飼い始めました。私はもともとイヌ派で、正直猫とはどう付き合ったら良いのか分からなかったけれど、ツンデレな部分がみじんもなく犬みたいに人懐っこくて四六時中まとわりつく猫でした。我が家に来て1年が過ぎた頃、庭先にまで入り込んできたトラックにひかれて帰らぬニャンコになってしまいました。あまりのショックに気が変になりそうで、仕事しながら涙で全てが潤んでいた次の日の夕方、おじゃるの事だけを思いながら歩いていた道端で子猫二匹がじゃれ合い、車にひかれそうになっている姿を見てやっぱりご縁を感じたのです! おじゃるとの別れに耐える事ができたのもあの時あの場所でこの子達と出会えたからやと思うし、哀しがる私達夫婦におじゃるが連れて来てくれたとも感じます。種類こそ違うけど、おじゃるが好きだったオジャコとカツオという名前にして、仲良く穏やかに暮らしてもうすぐ4年になります。つい数ヶ月前に子猫が迷い込んで来て今は3匹ですが、その子の話はまたの機会にでも書きたいので読んでくださいね!