結ブログ~むすぶろぐ~これも何かのご縁ニャンです

2008年より浪速 高津宮にて定期的に開催している婚活イベント『縁結びパーティ』を主催。年間のべ500人以上の独身男女との関わりの中から見えてくる現代の結婚事情から人間関係、はたまた日常の小さな幸せまで独自の感受性で気まぐれに綴ります。

さあ、グズグズしてないでチャンスが来たよ!

11月に入るとおせち料理の予約や年賀状のCMがやたらと増えて、気持ちがやや追い込まれた感がしてきます。毎年のことなのに、コロナ禍と言われるようになってから余計にプライベートの充実感がないまま、一年が過ぎていくように思うのは私だけでしょうか。

そんな中でも良かったのは2年以上コロナの影響で中止が続いていた『高津宮縁結びパーティー』が今年の春から再開できた事です。とは言え、婚活中の人達にとって出会いのチャンスが少なくなっている状況はあまり変わっていないようにも思います。

 

世界に目を向けてもコロナに続いて、ウクライナの戦争が長引く中、燃料不足やインフレ。はたまた国内でも円安、物価高と生活に直結する不安材料から、北朝鮮のミサイルや大地震の心配まで、本当に気持ちの重くなる出来事が多いですね。

とは言え、コロナ感染者数のカウントを続けたり、マスクを今だに付けているのは日本だけとも聞くし恐怖心もそろそろ解放しても良い気がします。

会いたい人に会ったり、行きたい所に出かけたり…

テレワークもなくなって出勤する方向に会社もシフトしているみたいやし。

 

3年ぶりに街にもクリスマスの煌めきが戻りつつあるようなので、この流れに乗り遅れないようにしたいですね☆彡

高津宮縁結びパーティーも12/4㈰、Xmasお楽しみ会を予定しています。

さあ、クリスマスプレゼントを持って、今年最後のチャンスをつかんで欲しいと思います。

エントリーしたい人、今ならまだ間に合いますよ!

 

 

 

これからの季節、ますます一人が寂しいですよね

ここ数年、秋から冬の季節の移り変わりが随分スピーディーになったような気がするのは私だけでしょうか。というより、暑い暑い夏が終わったとほっとしている間もなく、肌寒さが身に染みてくるとでもいうか。

人が動きやすい良い季節、春とか秋が一瞬で通り過ぎる感じかな。

私は徳島での田舎暮らしなので、季節を五感で感じて生活しているけれど都会に住んでいると街中のイベントで四季をキャッチする事が多いですよね。

今だったらハロウィンですかねぇ。でもハロウィンで仮装すると言っても若い人達が盛り上がってるイメージやからそんな勇気ないわっていう方は、うちの縁結びパーティー8月のきもだめしで予行演習して欲しいと思います。

 

ミーハーでも何でもいいからやれるうちに何でも経験しておくべきと、50歳代になると本気で思いますね。

仕事でも遊びでも、人間付き合いでも。

その年代その年代でできること、やりたいこと、一緒にやってくれる人って随分変わってくるから目の前にチャンスが来たら躊躇せずにやってみるべきと思います。

 

高津宮縁結びパーティーの参加者の中にも50歳以上の人がいてるけれど、一般論で言えばなかなかカップリングイベントで結婚につながるのが難しくなってくる年齢です。

年齢層の高い人にはカタチを変えて、出会いの場の提供ができればいいなぁと考える事が最近増えてきました。

今日、田舎道を一人で散歩しながら、秋の深まりを感じつつ今の私にできることを見つけたいと思いました。

だって、年齢を重ねるごとに一人は寂しいと感じるから。。。

 

逆転ドラマはまだまだこれから。

阪神タイガースがCSでDeNAを破って、リーグ優勝したヤクルトスワローズと戦える事になりました。やったー! 万歳!

今シーズンはしょっぱなから連敗記録を作り続けていたので、まさかここまで楽しませてくれるとは夢にも思ってなくて…

まさにメイクドラマが待っていたとは、人生捨てたものじゃない。

 

こじつけみたいですが、婚活中の皆さんも信じる事や決して諦めない気持ちを大切にして欲しいと思います。

 

婚活中でうち以外にも、色んなパーティーに出向いたり、何度お見合いしても上手くいかなかったり。マッチングサイトに登録したけどなかなかいい人がいなかったり。

自分の思い通りにいかない事が多いけれど、一つ一つダメを経験しながら、苦しみや痛みに耐えながらアウトを取りに行っている抑えのピッチャーのように、輝かしい成長が必ずあると思います。

 

湯浅投手、ありがとう。

だから阪神ファンはやめられない!

 

10/16㈰の縁結びパーティーは女性の応募数が少なすぎた為、中止となりました。

参加を楽しみにしてくださっていた方々には本当に申し訳なく思っています。

次回開催予定は12/4㈰です。

私も決してあきらめません。

2022年、最後のバッターボックスにチャンスがある事を願って。。。

 

食欲の秋。出逢いの秋。

シルバーウイークの間に大きな台風が2つも来たけれど、連休は楽しめましたか❔

最近の私は出かけることが少なくなり、たまったDVDを観たり、YouTubeを楽しんだり、すっかりインドア派になっています。

今もNHKの『オリバーな犬、なんだこのヤロウ』をようやく見れたところです。昔からオダギリジョー氏が大好きだったけれどこのドラマで改めて、やっぱりセンスいいなぁと思いました。まばたきする間もなく小技が散りばめられたうえこのドラマ、キャスティングがまた素晴らしい。映画で主役を張るぐらいの俳優さんが次から次へと、出てくるからNHKの気合いも感じますね。

近頃、映画でもドラマでも本当に素敵な若い役者さんが多いからワクワクです。昨日最終回だった『初恋の悪魔』も全員好きな役者さんで、贅沢な時間でした。

画面を通じてしか見れないけれど、昔の芸能人よりも親しみやすさが人気だったりする気がします。普通の人を普通に演じるってすごいことなのにって関心します。

 

普通の人を見過ごしてしまわずに、キラッと一瞬の耀きを感じる事って婚活中の人にも大切な感性だと思います。

私たちが開催している『高津宮縁結びパーティー』でも男性20人、女性20人の知らない人同士が一度に集まる中で、自分にしか感じない耀きを見つけないことには誰も教えてくれません。

それは今までの自分では考えられないタイプの人の場合もあります。第一印象が「きも~」って感じる人かもしれないです。(ちなみに私は主人の第一印象がそうでしたから。)

固定概念に身動き取れなくなるよりも、もっともっと広いストライクゾーンで自分のフィーリングを感じる人を見つけるのもひとつの作戦と思います。

 

さあ、カラダを動かすのにいい季節です。

10月16日(日)の縁結びパーティーの参加者、只今大募集中です。

爽やかな秋空の下、健康的な出会いに期待してください!

 

夏が終わる前に、みなさんに感謝したいです。

8/7(日)の高津宮縁結びパーティーが終わり、お盆休みもぼんやり過ごしているといつの間にか8月も残りわずか。

日テレで24時間テレビの放送をしていると「あぁ、もう夏が終わってしまう」と毎年のように過ぎ去る夏の思い出に縋り付きたくなります。

年齢と共に派手に遊び回る機会は減ってしまったけれど、この時期のもの悲しさは今も変わらず感じます。

 

この夏の出来事では8月の縁結びパーティーもその一つです。8月はコロナで中止が2年続いたので『納涼会お楽しみ会』のきもだめしは久しぶりでした。

通常のスタッフ以外にお化け専属スタッフが参加し、イベントを盛り上げてくれました。手作りの衣装や被り物で変装して暗がりで独身男女グループを驚かせて、気持ちを盛り上げて貰いました。

初対面の男女の距離感をぐーっと近づけたり、本音が見え隠れする企画で縁結びパーティーでは人気です。でも一番楽しんでいるのがお化けスタッフなのは間違いないです。

 

縁結びパーティーで出会って数年お付き合いされているカップルが、私達の住む徳島県の田舎町に遊びに来てくれたのは6月末でした。この二人はゴールデンカップルで何をするのも、ほんのささやか事でも本当に楽しそうでこちらまで幸せな気持ちになります。いずれ結婚されると思いますが、こんなお二人と時間を共有すると高津宮縁結びパーティーを続けていて良かったなぁ~と嬉しく思います。

またこのブログを読んで、うちの主人がうつ病だと知って心配してくださる方からお電話をもらったり。

本当に色んな人に出会えてありがたい事ばかりです。

でも、もっともっと私たちが寄り添ってお手伝いが必要な人が大勢いてると思うので縁結びパーティーだけでなく色んなカタチを考えていきたいです。

真夏の縁結びパーティー、間もなく締切です。

うちの主人がうつ病と診断されて、ちょうど一年がきます。一日のほとんどを布団の中で過ごす毎日。人にとって動けない事がこれだけ辛く、虚しく時間がだけが過ぎるという実感は婚活中にコロナを迎えた独身の方々の気持ちに重なるかもしれないですね。

主催する私も2年以上開催できなかった事も同様で、元に戻れるのかという不安が常にありました。幸い今年の4月から再開できたので良かったけれど、仏教用語の「諸行無常」という言葉に救われた思いです。

最近私は時間があれば、YouTubeで『仏教に学ぶ幸福論』というチャンネルが好きで優しい先生の話に耳を傾けています。

心救われる話なので皆さんもチェックしてみてくださいね。

 

さて、8月7日(日)の高津宮縁結びパーティーですが順調にエントリー数が増えており、開催の準備を進めています。

女性はまだ定員まで到達していないので7/26(火)の締め切りまでお申込み大歓迎です。コロナ後の傾向として男性の方が積極的でおおよそ抽選となり、女性は定員内ということが多いです。

コロナ感染者数が全国的に増えてきている中ですが、行動制限が解除されている限り開催できればと思っています。

 

何だかコロナに生活自体が慣らされてしまって、なるべく外に出ないという選択をしたい気持ちもわかりますが、2022年の夏はあっという間に終わってしまいそうです。

コロナ3度目の夏、諸行無常をどう受け止めますか❔

 

 

 

 

 

出会えた事に感謝できるって才能ですね。

両親の影響で子どもの頃から生き物が大好きで犬は常に飼っていたし、鯉やレアな金魚、ジュウシマツ、インコ、コキンチョウ、星亀、リス、ひよこからのニワトリ…。ところが何故か猫だけは好きでなく、近所で見かけても「あっち行け」と思うくらいでした。

ところが結婚して田舎暮らしをする中で、捨て猫に遭遇する事がとても多く保護しては病院へ連れていき、しまいには捨て猫の親子まとめて面倒みることになり大家族で暮らしています。出会って家に連れて帰るか決断する時、いつもこれも何かのご縁なんです。ってこのブログのタイトル通り、この子たちの運命を預かる気持ちで家族に受け入れるのです。多分人からみたら、早朝から世話はかかるしお金も必要になるからアホな夫婦と思われるかもしれです。でもどの子も、よその人に譲りたくないし最後まで一緒に生きる覚悟ですね。

あれだけ好きでなかった猫が、今の私にはなくてはならない存在に変わっている。なりゆきでこんな日常になったけど、心からこれで良かったと思っています。

”人生なりゆき”でほぼ後悔していない私からの忠告ですが、どんな出会いもまずは受け入れてみる。これが一番大事です。

特に最近よく報告を受ける話ですが、高津宮縁結びパーティーカップル成立しても1、2度お茶行っただけでlineの連絡が途絶えてしまう。これでは本当のご縁を自ら絶っている事になるのです。人には、特に未熟な人には見えないチカラが働いているかも知れない。だからわざわざ神社の婚活イベントに参加して神様に祈願している思うのですが

自分の都合だけで、折角出会えた大切な人をバッサリ切ってしまっているのですよ。

そんな人はもっと違う方法で自分のわがままな条件だけ並べて、大勢の候補の中から相手を弾き出したらいいのにね、と思います。

仏教の教えの一つに自分の行いが人生のすべてをつくり出していると聞いたことがありますが、まさに大切な結婚もしかりですね。

 

 

私が主催している高津宮縁結びパーティーで出会って結婚した人たちはご縁を感じて素直に受け止める事のできたカップルばかりです。そこに気づいた人から良縁を授かると信じてやみません。